中国、台湾での商標登録なら、湘洋内外特許事務所にお任せください。

ENGLISH 中文簡体

特許業務法人 湘洋内外特許事務所 平日 9:30~17:00(土日祝日定休)
面談場所:横浜メインオフィス・東京都港区西麻布面談ブース

中国、台湾での商標登録

こんにちは。弁理士の呉松花です。

中国、台湾で商標登録を受ける場合に、最も注意すべきことは、何でしょうか?

それは、指定商品、指定役務の定め方です。

日本で取得した商標登録の指定商品・指定役務をそのまま翻訳しても、おそらく希望通りの権利範囲は獲得できません。

日本語と中国語の単語のカバーする範囲が異なるからです。

漢字だけを見ると、似た印象を受けるので、適切に翻訳されていると誤解しがちです。

日本語で一語で表される商品を、そのまま一般的な直訳を行って一つの中国語の単語にしても、意図した範囲をカバーできない場合が多々あります。その場合は、複数の指定商品・役務を書き起こす必要があります。

私は中国出身ですが、日本の弁理士資格を有しており、日本と中国の商標制度の違いを良く理解しております。

中国への出願は、法律上、中国の代理人を経由しなければなりませんが、中国の代理人と密な連絡をとることが可能ですので、迅速な対応とコスト削減が可能となっております。

まずは、Eメール、電話、FAXでご相談ください。

  >>弊所へコンタクト

↑ PAGE TOP